学校の区分に関して

私立と公立の学校の違い

トップ / 私立と公立の学校の違い

学校の公私区分について

学校には大きく分けて公立、私立の区分があります。公立は、全国共通の一定した知識、学問が身につく場であるのに対して、私立は設備充実、独自の校風、教育理念で動いています。私立は、敷居が高く、金銭的にも高額なところも多いですが、その分の設備や教育濃度の高さという利点はありますが、公立が劣っているというわけではありません。公立の場合は、私立にない個性を探し出せるという自由度の高さがあります。反面、私立の学校は、生徒の個性を教育理念で一定化させる傾向にあります。そのため、一定化した知識の中で、いかに個性を見出すかが公立では重要となってくる。

靴はここに

区分の種類と年数について

学校には、いろいろな種類があり、それぞれ区分されています。小・中・高校などのほかに特別支援などの校種があったりします。これは、発達段階で6・3・3年制になっています。また、国立や私立、県立といった区分もあります。財政の関係でお金の出所も違うのです。国立では国、都道府県立では都道府県、市立では市、私立では学校法人などになります。国公立では学費が安く、私立では高くなります。それは経営が異なるからです。高校を卒業すると、さらに大学や専門に進む人もいます。自分のやりたいことがはっきりしていれば、進学することもそれなりに意味があります。

学校でのオシャレ情報